慶應義塾大学経済学部・大学院経済学研究科 タイトルロゴ - HOMEへリンクKeio University  Faculty of Economics, Graduate School of Economics Title LOGO - Link to HOME
慶應義塾大学 経済研究所 Webサイトへリンク PEARL Webサイトへリンク
Menu

HOME > 大学院経済学研究科 > 留学 > パリ政治学院とのダブルディグリー・プログラム

留学

パリ政治学院とのダブルディグリー・プログラム

プログラムの概要

慶應義塾大学大学院経済学研究科とパリ政治学院(Institut d’Etudes Politiques de Paris、通称Sciences Po-シアンスポ)修士課程(英語によるプログラムです)は、所定の要件を修めた学生が、慶應の経済学修士号とあわせて、パリ政治学院の修士号(M.A.)が取得できる、Double Masters Degree Programmeを実施しています。このプログラムへの参加により、経済学の専門知識のみならず、国際的な視野と経験を兼ね備えていることを内外に証明することができ、大学院修了後のキャリアの選択肢が大きく広がることが期待されます。

パリ政治学院は1872年に創設されたフランス屈指のグランゼコール(Grandes Ecoles)で、数多くの企業家・中央銀行総裁・官僚のほか、フランスのみでなく世界各国の大統領・首相・閣僚等を輩出しています。慶應義塾大学とは 1987年10月に包括的交流協定を締結し、交換留学生の派遣・研究者の交流を活発に行ってきました。経済学研究科修士課程に在籍する学生でScience Po派遣生として選抜された学生は、研究科在学期間中の1年間をScience Poで過ごし、特定の科目を履修することになります。

  1. 慶應義塾大学経済学研究科も、パリ政治学院から交換生を受入れています。

プログラムへの参加条件

プログラム参加希望者は、修士4月入学入試(秋実施)を受験し、合格する必要があります。
応募に際し、英語能力に関してIELTS 7.0 以上またはTOEFL iBT 100 以上の有効期限内のスコア提出が求められます(フランス語は必要条件ではありません)。募集詳細は修士入試合格者に対して資料を配布します。

  1. パリ政治学院(Sciences Po)とのDouble DegreeプログラムとCEMSとのDouble Degreeプログラムに同時に出願することはできません。また、これら2つのプログラムの出願資格や出願書類には語学の要件などの点で重要な相違がありますので、募集要項を注意深く読んでください。

留学生交換の実績

年度 慶應からSciences Poへ Sciences Poから慶應へ
2014-2015

0人

1人

2013-2014

1人

0人

2012-2013

1人

1人

2011-2012

1人

2人

2010-2011

3人

1人

Sciences Po滞在体験記

2010-2011年度、パリ政治学院(Sciences Po)とのDouble Degree Programmeに入学し、現在パリに滞在中の修士課程大学院生2人による体験記です。本プログラムにご関心のある方は是非ご覧ください。

プログラム参加者の募集について

関連リンク

To Page Top