慶應義塾大学経済学部・大学院経済学研究科 タイトルロゴ - HOMEへリンクKeio University  Faculty of Economics, Graduate School of Economics Title LOGO - Link to HOME
慶應義塾大学 経済研究所 Webサイトへリンク PEARL Webサイトへリンク
Menu

HOME > EVENT INFORMATION > 経済学部共催 福岡正夫名誉教授 講演会

EVENT INFORMATION

経済学部共催 福岡正夫名誉教授 講演会

(2017年12月9日)

経済学部・経済学会共催 経済学講演会

小泉信三先生とマルクス『資本論』

[日時]

2017年12月21日木曜日 16:30~18:00

[会場]

慶應義塾大学三田キャンパス 北館1階 北館ホール(アクセス)

[講演者]

福岡 正夫(慶應義塾大学名誉教授)

講演者略歴

慶應義塾大学経済学部長、常任理事、
理論・計量経済学会(現日本経済学会)会長を歴任。

主要業績

  • 『一般均衡理論』創文社 1979年
  • 『均衡理論の研究』創文社 1985年
  • 『経済学の考え方』(新版)泉文堂 2017年

[講演内容]

小泉信三のマルクス批判は深くリカードォ経済学の理解に基礎を置くものであった。リカードォ主著『経済学および課税の原理』が刊行されて200年、マルクス『資本論』第一巻刊行後150年を迎えて、小泉のマルクス批判の内容と意義を論じていただく。また小泉は河上肇、櫛田民蔵、山川均らと価値論を巡り多くの論争を展開した。
それらの理論的内容および思想的背景について解説していただく。

[司会]

須田 伸一(慶應義塾大学経済学部教授)

この講演は主として慶應義塾大学経済学部学生のための企画です。(参加費無料)

To Page Top