慶應義塾大学経済学部・大学院経済学研究科 タイトルロゴ - HOMEへリンクKeio University  Faculty of Economics, Graduate School of Economics Title LOGO - Link to HOME
慶應義塾大学 経済研究所 Webサイトへリンク PEARL Webサイトへリンク
Menu

HOME > 経済学部 > 留学 > パリ政治学院との学部・修士5年プログラム

留学

パリ政治学院との学部・修士5年プログラム

経済学部とパリ政治学院(Institut d’Etudes Politiques de Paris)は、経済学部在籍者を対象とした学部・修士5年プログラムに関する協定を締結しています。 このプログラムに参加し、所定の要件を満たした学生は、慶應義塾大学経済学士号とパリ政治学院修士号を取得できます。パリ政治学院では、Masters in Economics and BusinessまたはMasters in Finance and Strategy のいずれかを選択し、許可されたプログラムにおいて修士号を目指します。

プログラム概要

参加者数:年間5名まで
プログラムスケジュールは、以下のとおりです。

PEARL学生(5年プログラム)
年次 1 2 3 4 5

学期

在籍

慶應

パリ政治学院

(1)

(2)

(3)

タイプA/B学生(5.5年プログラム)※
年次 1 2 3 4 5 6

学期

在籍

慶應

パリ政治学院

(1)

(2)

(3)

  1. 応募・選考(3年次3月頃)
  2. 卒業(慶應義塾大学経済学士号取得)
  3. 卒業(パリ政治学院修士号取得)
  1. タイプA/B学生とは、経済学部生のうち4月に入学し、主に日本語による講義を履修する学生を意味します。

パリ政治学院について

1875年に創設されたフランス屈指のグランゼコール(Grandes Écoles)のひとつです。 数多くの企業家・中央銀行総裁・官僚のほか、フランスのみでなく世界各国の大統領・首相・官僚や国際機関幹部職員等を輩出しています。慶應義塾大学とは1987年10月に包括的交流協定を締結し、交換留学生の派遣・研究者の交流を活発に行ってきました。

応募資格・募集要項

本プログラムへの応募にあたり、以下4項目すべての条件を満たす必要があります。

  1. 応募時点で、PEARL学生の場合少なくとも5学期、タイプA/B学生の場合少なくとも6学期を修了していること
  2. TOEFL iBT 100点または IELTS 7.0点以上(PEARL生は免除)
  3. GPA (Grade Point Average) 2.3以上※
  4. プログラム開始までに、卒業単位として、PEARL生は114単位、タイプA/B学生は126単位を取得見込みであること

※新成績制度(S, A, B, C, D)のGPAにもとづく。

詳しくは、以下のプログラム案募集要項をご覧ください。

応募書類

所定用紙は下記からダウンロードしてください。

選考方法

書類審査および面接をおこないます。

選考スケジュール

3年次在籍者が選考の対象です。
塾内選考のあと、パリ政治学院による選考を経てプログラム参加者を最終決定します。

出願

3月中旬

塾内選考(書類・面接)

3月下旬

内定通知

3月末

パリ政治学院出願

4月上~下旬

最終選考

4月下~5月上旬

最終合格発表

5月下~6月上旬

渡仏

8月~9月

上のスケジュールは、変更になる可能性があります。詳しくは後日発表される募集要項を参照してください。

留学中の費用

学費:プログラム参加中、渡仏までの3年間(もしくは3.5年間)は慶應義塾大学に学費を支払い、フランス滞在中の2年間はパリ政治学院に学費(14100ユーロ=2016-17年度)を支払います。

関連リンク

(2017-12-14更新)

To Page Top