慶應義塾大学経済学部・大学院経済学研究科 タイトルロゴ - HOMEへリンクKeio University  Faculty of Economics, Graduate School of Economics Title LOGO - Link to HOME
慶應義塾大学 経済研究所 Webサイトへリンク PEARL Webサイトへリンク
Menu

HOME > NEWS > 国立台湾大学社会科学院との交換留学プログラム協定調印

NEWS

国立台湾大学社会科学院との交換留学プログラム協定調印

(2015年5月14日)

4月27日、慶應義塾大学経済学部・経済学研究科は国立台湾大学社会科学院と学生交流に関する協定を締結しました。 調印式は国立台湾大学にて行われ、本学部からは中村慎助 経済学部長とマッケンジー,コリン経済学部教授が出席し、国立台湾大学からは楊泮池 校長をはじめ張淑英 国際長、吳俊輝 副国際長、林惠玲 社会科学院長、王麗容 社会科学院副院長、鄭秀玲 経済系主任ほか社会科学院の教授数名が、そして本塾評議員の黄茂雄氏(TECOグループ会長)をはじめ東元電機から邱純枝 総経理ほか数名が出席されました。

王麗容 社会科学院副院長の司会のもと、具体的な学生交流や発展計画などについて積極的な議論が交わされた後、中村慎助 経済学部長と林惠玲 社会科学院長によって協定書への署名がされ、式は終了しました。

この協定により、日台の学術・文化交流を深めるとともに、両国に精通した人材が多く輩出され、広く国際社会で活躍することが期待されています。

なお本塾では、国立台湾大学と全学レベルの交流協定も締結しています。

国立台湾大学校長 楊泮池 教授(右)
経済学部長 中村慎助 教授(左)

国立台湾大学社会科学院長 林惠玲 教授(左)
経済学部長 中村慎助 教授(右)

国立台湾大学における調印式の様子

To Page Top