慶應義塾大学経済学部・大学院経済学研究科 タイトルロゴ - HOMEへリンクKeio University  Faculty of Economics, Graduate School of Economics Title LOGO - Link to HOME
慶應義塾大学 経済研究所 Webサイトへリンク PEARL Webサイトへリンク
Menu

HOME > 経済学部 > カリキュラム > 学部カリキュラム > 世界を理解し世界に向かって表現する:外国語カリキュラム

カリキュラム

世界を理解し世界に向かって表現する:外国語カリキュラム

  日吉キャンパス 三田キャンパス
  1年 2年 3・4年

外国語Ⅱ

週3コマ6単位必修

第1学年で履修した外国語Ⅱと同語種を履修する場合
1コマ2単位~2コマ4単位選択必修

外国語Ⅲ

 

第1学年で履修した外国語Ⅱとは別言語を履修する場合
週2コマ4単位**

*ドイツ語・フランス語・中国語・スペイン語から1語種を選択(留学生は日本語を選択)
**ドイツ語・フランス語・中国語・スペイン語(語種変更者)・ロシア語・韓国朝鮮語・イタリア語を選択可能

私の言語の限界は、私の世界の限界を意味する

哲学者ウィトゲンシュタインの有名な言葉に「私の言語の限界は、私の世界の限界を意味する」というものがあります。外国語を学ぶことは単に言語を学ぶだけではなく、さまざまな考え方や感じ方、文化や教養などを身につけ、自分の世界を広げることにほかなりません。外国語を学び、経済学を学ぶことで、世界を理解し、そして世界にむかって表現できる人材に育ってほしいと願っています。

経済学部の外国語Ⅱの最大の特徴は、1年生の間に週3回の授業を行うことです。この点では、いわばセミ・インテンシブ・コースの形を取っているわけです。言葉の学習では初歩が肝心。だから最初にがっしりと基礎を固めてしまおうというコンセプトです。2年生では必修科目としては週1回になりますが、むろんそれ以上選択することもできます。さらに三田に進学しても、4年間続けて勉強できる仕組みになっています。このほか、外国語教育研究センター設置科目を履修し、好きな言語の学習を深化させることもできます。このように学ぶ意欲を持つ学生は卒業までしっかりとケアするシステムがあります。

経済学部の各言語科目の授業紹介はこちら

フランス語クラスについて詳しい情報はこちら

外国語教育研究センターはこちら

外国語Ⅲ

1年次に外国語Ⅱを修得した学生のうち希望する人は、他の外国語を履修することができます。ドイツ語・フランス語・中国語・スペイン語(語種変更者)のほか、ロシア語・韓国朝鮮語・イタリア語を選択できます。履修希望者は、4月初めのガイダンスに出席して下さい。

関連リンク

To Page Top