慶應義塾大学経済学部・大学院経済学研究科 タイトルロゴ - HOMEへリンクKeio University  Faculty of Economics, Graduate School of Economics Title LOGO - Link to HOME
慶應義塾大学 経済研究所 Webサイトへリンク PEARL Webサイトへリンク
Menu

HOME > 経済学部 > 研究プロジェクト > 活動記録・研究成果 > 2008年度 研究成果 > ユダヤ人のネットワーク-宗教と商業-

研究プロジェクト

ユダヤ人のネットワーク-宗教と商業-


尾崎 真央(経済学部4年)
指導教員:羽田 功

要旨

本論は歴史上見られるユダヤ人のネットワークについて、宗教と商業という観点から捉え、そこにユダヤ人のアイデンティティを保持する仕組みがあった、ということを明らかにするものである。

論文の流れとしては、ネットワークとは何かを述べた上で、ユダヤ人のネットワークはそれとどう異なるのかについて、宗教面と商業面から検討を加える。

宗教面では宗教上の質疑のやり取りであるレスポンサを中心に検討し、これが結果としてユダヤ人の結びつきを強め、そのアイデンティティ保持に寄与したことを明らかにした。商業面ではユダヤ人の商取引に関わる商業ネットワークについてイスラムネットワークとの比較、ヨーロッパの視点から追究した。

以上の考究からユダヤ人ネットワークが歴史上においては独特な性格を持つこと、またそれがユダヤ人アイデンティティの維持に役立つものであったことを結論とした。なお、本論は文献による研究である。時代については古代から中世後期を対象としている。

To Page Top