慶應義塾大学経済学部・大学院経済学研究科 タイトルロゴ - HOMEへリンクKeio University  Faculty of Economics, Graduate School of Economics Title LOGO - Link to HOME
慶應義塾大学 経済研究所 Webサイトへリンク PEARL Webサイトへリンク
Menu

HOME > 経済学部 > 研究プロジェクト > 活動記録・研究成果 > 2017年度 研究成果

研究プロジェクト

2017年度 研究成果

研究プロジェクトの成果の公開に関して

各プロジェクトの成果の公開、非公開に関して

各プロジェクトを行った学生本人、その指導教員、そしてコーディネーターの合議の結果に従っています。

【注意】
公開は慶應義塾学内LANのみとなります。

各プロジェクトの成果の著作権に関して

本研究プロジェクトでは成果の著作権は、各プロジェクトを行った学生諸君がすべて保有しています。

2017年度 研究プロジェクト(第13期)の成果

以下、最終発表会での発表順に研究成果を示します。学年は2017年度時点です。

  1. 地域と大学を繋ぐコーディネーター機能に関する一考察
    長坂直哉(経4年)/ 指導教員: 長田進

論文1 要旨PDF
論文1 PDF

  1. 装いを変える東京-極集中論 ―その形成と変遷―
    間てん太(商3年)/ 指導教員: 長田進

論文2 要旨PDF
論文2 PDF

  1. コンテンツツーリズムにおける行政の役割 ~アニメ作品における事例を中心として~
    友野雅樹(経3年)/ 指導教員: 長田進

論文3 要旨PDF
論文3 PDF

  1. 質的研究を用いた日本の高等学校英語 ―学習における動機減退とその回復の解明
    山崎 和佳奈(経4年)/ 指導教員: 志村 明彦

論文4 要旨PDF
論文4 PDF

  1. 対面会話における笑いの身体動作 ―性差はあるのか? ―
    林駿(経3 年)/ 指導教員: 鈴木亮子

論文5 要旨PDF

  1. 日本型バレンタインデーからみる女性たちの望んだ在り方 ―1950年代から90年代、少女期メルヘンを読む―
    安西ちまり(経4年)/ 指導教員:光田達矢

論文6 要旨PDF

  1. 遊牧式生産方式の展開に関する実証研究 ―中国新疆のカザフ族牧民を対象として
    越川祐斗(経3年)/ 指導教員: 大西広

論文7 要旨PDF
論文7 PDF

  1. ケイパビリティと日本の貧困
    中井正和(経4年)/ 指導教員: 坂井豊貴

論文8 要旨PDF

  1. ベーシックインカムの実現可能性
    木本遼(経3年) / 指導教員: 北尾早霧

論文9 要旨PDF

  1. カデンツの法則の経済理論と実証分析 ―コード進行の歴史的発展法則
    齋藤建文(経4年)/ 指導教員:大垣昌夫

論文10 要旨PDF
論文10 PDF

  1. 自信過剰と携帯電話の料金プラン選択に関する行動の実証研究
    ―仮想質問を用いたアンケート調査―

    清水 祐弥(経4年)/ 指導教員: 大垣 昌夫

論文11 要旨PDF
論文11 PDF

To Page Top