慶應義塾大学経済学部・大学院経済学研究科 タイトルロゴ - HOMEへリンクKeio University  Faculty of Economics, Graduate School of Economics Title LOGO - Link to HOME
慶應義塾大学 経済研究所 Webサイトへリンク PEARL Webサイトへリンク
Menu

HOME > 経済学部 > 研究プロジェクト > 活動記録・研究成果 > 2018年度 研究成果

研究プロジェクト

2018年度 研究成果

研究プロジェクトの成果の公開に関して

各プロジェクトの成果の公開、非公開に関して

各プロジェクトを行った学生本人、その指導教員、そしてコーディネーターの合議の結果に従っています。

【注意】
公開は慶應義塾学内LANのみとなります。

各プロジェクトの成果の著作権に関して

本研究プロジェクトでは成果の著作権は、各プロジェクトを行った学生諸君がすべて保有しています。

2018年度 研究プロジェクト(第14期)の成果

以下、最終発表会での発表順に研究成果を示します。学年は2018年度時点です。

  1. Stylistic and Temporal Modulations in Richard Linklater’s Before Trilogy
    立川航 / 指導教員: エインジマイケル

論文1 要旨PDF
論文1 PDF

  1. 個人間取引における信頼の性質
    石田仁美 / 指導教員: 藤田康範

論文2 要旨PDF

  1. 『夜はやさし』と「パパ活」にみるパパと娘の関係性
    亀谷早紀 / 指導教員: 新島進

論文3 要旨PDF
論文3 PDF

  1. 障害をテーマに据えた作品の存在意義について
    四倉拓馬 / 指導教員: 山本武男

論文4 要旨PDF

  1. 日韓の女性の地位と性平等の課題
    金東煕 / 指導教員: 長沖暁子

論文5 要旨PDF

  1. 長寿企業の特性と傾向の分析~グラウンデッドセオリーアプローチを用いて~
    天野央登 / 指導教員:長田進

論文6 要旨PDF

  1. クリエイティブシティにおける市民の役割に関する考察
    島ひとみ / 指導教員: 長田進

論文7 要旨PDF
論文7 PDF

To Page Top