慶應義塾大学経済学部・大学院経済学研究科 タイトルロゴ - HOMEへリンクKeio University  Faculty of Economics, Graduate School of Economics Title LOGO - Link to HOME
慶應義塾大学 経済研究所 Webサイトへリンク PEARL Webサイトへリンク
Menu

HOME > 大学院経済学研究科 > 大学院研究科委員長挨拶

大学院研究科委員長挨拶

経済学を通じて世の中に貢献する

経済学研究科委員長写真

慶應義塾大学大学院経済学研究科は、1906年に創設され、百年以上の永い伝統を持つ経済学大学院です。専任のみでも60名を超える教授陣を擁し、その研究教育領域は、経済学のほとんどの分野を網羅し、さらに多くの重要な関連学問領域にまで及んでいます。それぞれの専門分野で先端的な研究に携わりつつ、さまざまな視点や方法論を持ったファカルティが、研究教育に励んでいます。この多様性を許容する精神は、本研究科が護ってきた大きな特色です。

現在、われわれの前には、急速にグローバル化する国際経済、新興国の台頭、自然環境の変化、急速な高齢化など、取り組まなければならない課題が山積しています。近代社会の成立以来、経済学は常に、それぞれの時代の課題に取り組んできましたが、現代ほど、変化する社会を把握する経済学の力が求められている時代はないかもしれません。経済学の日進月歩も目覚しいものがあります。我々ファカルティも、常にフロンティアにいられるよう、日々努力しています。

経済学の素晴らしいところは、方法論的には大きく異なる理論、実証、政策研究が有効なフィードバックで結ばれ、高い次元の議論を展開できる点にあります。研究者となるのであればもちろんですが、実社会で活躍することを規模する諸君も、是非とも経済学の基礎をしっかり学び、キャリアに生かしていっていただきたいと考えています。

経済学に国境はありません。専門が何であれ、世界で活躍できる研究者、実務家にならねばなりません。世界の人たちともいっしょに学び、切磋琢磨していきましょう。本研究科では、英語のみでも入学から学位取得まで学べるカリキュラムを提供しています。また、パリ政治学院(SciencesPo)、CEMS国際経営学修士コース(MIM)をはじめとする海外有力校とのダブル・ディグリー・プログラムも、隣接分野をともに学ぼうとする学生に是非お勧めしたいと思います。経済学部・経済学研究科独自枠の交換留学も多く存在します。他研究科、他大学との間でも、ダブル・ディグリー・プログラム(塾内では文学研究科、法学研究科、商学研究科、塾外では東京工業大学大学院社会理工学研究科)、単位互換制度(東京工業大学、早稲田大学)なども準備してあります。

本研究科で学ぶ諸君には、大きな夢を抱き、充実した学生生活を送っていただきたいと願っています。


経済学研究科委員長 中村 慎助

To Page Top