慶應義塾大学経済学部・大学院経済学研究科 タイトルロゴ - HOMEへリンクKeio University  Faculty of Economics, Graduate School of Economics Title LOGO - Link to HOME
慶應義塾大学 経済研究所 Webサイトへリンク PEARL Webサイトへリンク
Menu

HOME > 経済学部 > 留学 > パリ政治学院とのダブルディグリー・プログラム > DD学生インタビュー 「シアンスポ」

留学

DD学生インタビュー 「シアンスポ」

5期

綾井 祐介

綾井 祐介

綾井 祐介

Nationality : 日本

綾井 祐介

Name : 綾井 祐介

Nationality : 日本

An experience abroad : イギリス(4年間)、中国(1年間)

High school : 渋谷教育学園渋谷高等学校

1. 慶應-パリ政治学院ダブルディグリープログラムを選んだ理由は?

慶應義塾大学で経済学を、パリ政治学院にて政治学を勉強できるというその2面性に惹かれました。大学受験時より、法学部へ進学するか経済学部に行くかで悩んでいました。そんな中でこのプログラムの存在を知り、応募するという即断をしました。

2. プログラムに参加して一番よかったことは?

2点あります。
まず、非常に充実した学生・学業生活を送ることができたという点です。経済学と政治学は別々の学問として研究されることが多いかと存じますが、どちらも深く関わり合っています。政治抜きにして経済は語れませんし、経済抜きにした制作にも意味はありません。そういった意味で、どちらも深く勉強する事ができたのは私の大学での勉強を非常に有意義なものとしてくれました。 また、フランス留学中に作った多国籍に渡る友人関係も、プログラムに参加してよかったと思う要因の一つです。留学中はノルウェー人やアメリカ人とのシェアハウス似済、それまでないくらい濃い友人関係を作ることができました。未だに彼らとは頻繁に連絡を交換しています。また、留学後の今ならどこの国に行っても親しい友人が住んでいると思えるほどに多様な価値観を持つ多くの仲間を見つけることができました。

3. 将来の計画や展望は?

卒業後は外資系のコンサルティング・ファームへ就職します。クライアント企業の悩みや社会の課題に、真っ向からぶつかって解決する事ができる人材になりたいです。

4. ダブルディグリープログラムに興味を持って下さったみなさんに一言

大学や学部、留学など選択の多くの選択を迫られる時期に立たれているかと思います。決して公開することが内容、迷ったら自身にとって厳しいみちのりを選んでみるのも一つの手かと思います!頑張ってください!

岩本 薫子

岩本 薫子

岩本 薫子

Nationality : 日本

岩本 薫子

Name : 岩本 薫子

Nationality : 日本

An experience abroad : イギリス(12年間)、シンガポール(2年間)

High school : 慶應義塾湘南藤沢高等部

1. 慶應-パリ政治学院ダブルディグリープログラムを選んだ理由は?

I initially heard about the Dual Degree Programme between Keio University and Sciences Po in my first year of high school. Having spent the majority of my childhood in London and knowing little about my own country, I believed that the Euro-Asian curriculum in Le Havre was a perfect blend to learn about both regions with which I had a close connection. I had also spent a summer in France during junior school for a study exchange, hence I had an enthusiasm to pursue not only the language, but also the historical and cultural aspects too.

2. プログラムに参加して一番よかったことは?

Studying at two prestigious institutions, Sciences Po and Keio has enabled me to interact with many inspiring students with healthy ambition from all over the world. Each student was uniquely knowledgeable in their own way, whether that be in the realm of philosophy, history, and literature based upon their upbringing and values. Sciences Po offered a dense multidisciplinary syllabus, allowing me to explore where my interests lay. I was also able to break out of my shell and challenge a variety of new endeavours; I joined the cheerleading team, formed an acapella team with a group of friends and became the President of a Sciences Po Student Association, the Bureau des Arts. After returning to Keio, we were placed in an independent and free environment, giving us ample time to discover and prepare to establish our future plans.
The thought-provoking classes and lifelong relationships that I have nurtured over the past four years have greatly helped me develop both academically and socially.

3. 将来の計画や展望は?

I will start working at a Japanese trading company from this upcoming spring. Although my career plan is yet to be defined, I intend to grasp any opportunities that will extend my capacity.

4. ダブルディグリープログラムに興味を持って下さったみなさんに一言

As cliché as it may sound, taking part in the Dual Degree Programme was one of the best decisions that I have made. I am utterly grateful to have been able to take my first steps of adulthood with this eye-opening programme. I sincerely hope that you too, will make the most of this wonderful opportunity.

中関 令美

中関 令美

中関 令美

Nationality : 日本

中関 令美

Name : 中関 令美

Nationality : 日本

An experience abroad : アメリカ・ニューヨーク州

High school : スカースデール高校

1. 慶應-パリ政治学院ダブルディグリープログラムを選んだ理由は?

パリ政治学院とのダブルディグリープログラムを選んだ理由はたくさんありますが、自分の視野を広げたいと思ったことが一番の理由です。パリ政治学院はフランスの大学ではありますが、生徒の半分以上がフランス以外からの学生で世界の各国から非常に優秀な学生が集まります。そのような環境の中で2年間学ぶことによって自分自身の視野を広げ、多角的な方面から物事を考えられるようになりたいと思いました。また、高校生の時からフランス語を学んでいたので、実際にフランスでフランス語を学びたいと思いました。普通の交換留学とは違って、2年間正規学生としてフランスの大学に在籍できることそして慶應の学位も取得できることにも大変魅力を感じました。

2. プログラムに参加して一番よかったことは?

2年間、大変なことや楽しいこと、たくさんのことがありました。レベルの高い授業についていくために毎晩夜遅くまで勉強したり、周りの優秀な学生達との議論に苦戦したり、勉強面では非常に苦労しました。しかし、様々な国の友達と各国の料理を作り食べたり、行き詰まったときは海辺に行きリラックスしたり、その他にも小さな忘れがたい思い出がたくさんあります。この2年間で私は一人の学生としても一人の人間としても大きく成長できました。経済学だけでなく、法学や歴史もしっかり学び、知識が増えたことはもちろん、語学面ではフランス語検定1級相当のDALF C1の資格を取得し、フランスでも高校で学んでいた中国語の授業を取ることによって、ビジネスレベルまで中国語も上達できました。そして、様々な大変なことがあったからこそ、友達や家族への感謝の気持ちを改めて大切にできるようになりました。これからも2年間のフランス生活で培ったことを忘れないでいたいです。

3. 将来の計画や展望は?

卒業後は外資系の企業に就職しまが、国際協力の分野で世界を舞台に活動するのが最終的な目標です。将来は自国を代表しながらも他国のパートナーと協力し、互いの違いを尊重し多様性を享受できるグローバル人材になりたいと考えます。

4. ダブルディグリープログラムに興味を持って下さったみなさんに一言

フランスに2年間住み、世界各国から集まる優秀な学生と共に学び、生活をすることは大変貴重な経験です。ぜひ応募してみてください。

4期

Fanny Berteaud

Fanny Berteaud

Fanny Berteaud

Nationality : French

Fanny Berteaud

Name : Fanny Berteaud

Nationality : French

An experience abroad : 1 year in Dublin, Ireland / 8 months in Barcelona, Spain

High school : French High School of Dublin

1. 慶應-パリ政治学院ダブルディグリープログラムを選んだ理由は?

At first I was solely enrolled in Sciences Po Euro-Asian program, but when I heard about the possibility to spend more time in Tokyo and to graduate from a Japanese University, I seized that opportunity. First of all, I thought two years abroad would enable me to strengthen my linguistic skills and to really discover the country and culture that is so different compared to my home-country. Additionally, I believe that it is very valuable to complete the multidisciplinary academic background I acquired at Sciences Po with more economics-oriented courses in Keio.

2. プログラムに参加して一番よかったことは?

These past four years have been so exiting that it is hard to chose only one experience as the most rewarding, I really spent amazing time both in France and Japan, as well as challenging times. In France, the most rewarding was definitely the community: about 300 students from all over the world, with a strong school spirit and many events and gathering. In Japan I really appreciated the immersion in a different culture and the opportunity to travel in Asia. Also, since we could manage our schedules, we had time to get involved in various experiences like internships.

3. 将来の計画や展望は?

In the near future I am looking forward to having several professional experiences to discover different sectors before pursuing a Master degree (most likely in Europe). In the long-term I would like to work in an International Organization or corporation tackling global issues and having a positive impact on our societies.

4. ダブルディグリープログラムに興味を持って下さったみなさんに一言

The Sciences Po - Keio double degree program is really a unique opportunity to graduate from two very prestigious universities while discovering two greatly different countries: make the most of it!

諸井 嶺

諸井 嶺

諸井 嶺

Nationality : 日本

諸井 嶺

Name : 諸井 嶺

Nationality : 日本

An experience abroad : 香港(1996~1999)、オーストラリア(2005~2011)

High school : 慶應義塾高等学校(2012~2015)

1. 慶應-パリ政治学院ダブルディグリープログラムを選んだ理由は?

6年間オーストラリアで日本の製品・技術が賞賛されているのを目の当たりにし、また帰国後も生産や経済などに興味があったことから、将来は「世界へ日本のモノづくりの素晴らしさを更に広く伝えたい」と考えていました。そのために、大学では「経済・経営の知識」や「国際情勢の理解」を培いたいと思っていました。そうしたなか、このプログラムは、パリ政治学院で欧州経済を実感しながらヨーロッパ・アジアの情勢を理解し、慶應義塾で経済・経営の知識習得が可能であることから強い魅力を感じ志望しました。
また、パリ政治学院というフランス・ヨーロッパ屈指の研究機関で様々な国からの優秀な学生達と2年間共に学び、学士を取得できることにも大きな魅力を感じました。

2. プログラムに参加して一番よかったことは?

上記の学識を得ることができたのは勿論大きな財産ですが、幅広い視野を養い、異なる環境での対応力を同時に培うことができたのは、大変貴重な経験となりました。ルアーブルで異なる社会文化的背景や価値観を持った学生達と日々真剣な議論を交わし、また、政治・歴史・法律・社会・経済・経営等、幅広いカリキュラムを通して、様々な思考や視点に触れ合えたことは、このプログラムならではと思います。学生生活においても、異文化における様々な場面で自分がどのような役割や貢献ができ、また自分に何が足りないかを追求し、苦労や失敗を重ねながらも取り組み続けた経験は、今後グローバルな社会でのあらゆる場面で活きるのではないかと考えています。

3. 将来の計画や展望は?

来年度から日系メーカーの事務系として働きます。このプログラムで培った知識や経験を活かして自分の将来の目標、すなわち、世界へ日本のモノづくりの素晴らしさを広く伝え、人々の生活を支えたいと考えています。また、今後は第4次産業革命によって日本の製造業の立ち位置も変化していくことが予想されることから、社会人になっても引き続き自己研鑽に努めて行きたいと考えています。

4. ダブルディグリープログラムに興味を持って下さったみなさんに一言

様々な方々がこのプログラムの形成に携わり、多くの支援をしてくださっている結果、奨学金や仏政府からの住宅補助金の恩恵もあります。なによりプログラムから得られる効果は非常に高いものになっていると思います。もし少しでもこのプログラムに興味があったら、是非挑戦して頂きたいと思います。

Aline Mortha

Aline Mortha

Aline Mortha

Nationality : French

Aline Mortha

Name : Aline Mortha

Nationality : French

An experience abroad : None, before entering the Double Degree.

High school : Lycée Pierre du Terrail (Isère, France)

1. 慶應-パリ政治学院ダブルディグリープログラムを選んだ理由は?

Studying in Japan had been my dream since middle school, when I started learning Japanese. I thought that the Double Degree was an amazing opportunity to study for two years in Japan, as a full-time student. I was a bit afraid of learning economics however: I did not know much about it, as I followed a scientific program until high school. I really enjoyed the classes in Sciences Po and in Keio University, in particular development economics, environmental economics and energy economics.

2. プログラムに参加して一番よかったことは?

In Sciences Po, I was in charge of organizing the school musical. I learnt a lot from working with my co-captains, and we challenged ourselves to put this musical together. Seeing all the actors on stage, after one year of intense work, was an amazing experience.
In Keio University, I was given the opportunity to join a research seminar, and learn research methodology and statistics from top economists. The “zemi” I joined was very welcoming, and I made very good friends.

3. 将来の計画や展望は?

I would like to continue into master, as I would like to dedicate myself to research. I applied to the Master in Economics at the Doctoral School of Sciences Po, as well as the Master in Public Policies and Development from Paris School of Economics. Ideally, however, I would like to join a Master Program in Japan, with the professors that looked after me so far. From there, I will probably attempt to get a PhD in Economics.

4. ダブルディグリープログラムに興味を持って下さったみなさんに一言

The Double Degree program was an incredible opportunity for me. I met and made lifelong friends both in France and Japan, in an international and intellectually challenging environment. The program allowed me to discover what I wanted to do in life. Choosing this program was the best decision I have made in my life, I cannot express how grateful I am to have been chosen. For the prospective students, you should really try to apply because this program is life changing. I strongly recommend it!

佐々川 華奈

佐々川 華奈

佐々川 華奈

Nationality : 日本

佐々川 華奈

Name : 佐々川 華奈

Nationality : 日本

An experience abroad : アメリカ・ヨーロッパ

High school : 渋谷教育学園渋谷高校

1. 慶應-パリ政治学院ダブルディグリープログラムを選んだ理由は?

大学1年次の夏休みに世界の不平等を目の当たりにして、悲しくなるとともに、何か自分にもできることはないだろうか、と考えるようになりました。しかし、どんな風に?何を?どうやって?どうして自分の理想と考える社会が正しいと言えるのだろうか?そんな疑問が次々と生まれました。
経済学のみならず、政治学や法学、哲学などの社会科学を多角的に学び、フランス屈指のグランゼコールに集まる優秀な仲間と切磋琢磨する中で、これらの問いに向き合いたいと思い、このプログラムに参加しました。

2. プログラムに参加して一番よかったことは?

人としての幅ができたことです。 環境の違いや求められる勉強量に途方に暮れることもありましたが、仲間に助けてもらいながら、2年間という時間の長さを活かして思う存分に勉強ができました。生活面では、フランス人の政治の議論をワイン片手に眺めたり、何もうまくいかず苦しい時には友達とルアーブルの海辺で朝まで語ったり、日本人の仲間とゆっくり将来を考えたり。何でもないような日常がとても貴重なものだったと思います。
全力を尽くして上手くいかなくても C’est la vieと肩を竦めて気持ちを新たに頑張る精神、ただ頑張るだけでなく人生を楽しむ余裕を持つこと、そんな一つ一つの経験から学んだことを、これからの人生でも大切にしていきたいです。

3. 将来の計画や展望は?

来春より外務省に入省します。
フランスで学んだことを胸に、素敵な外交官となれるよう、頑張ります!

4. ダブルディグリープログラムに興味を持って下さったみなさんに一言

これから大学へ入学する皆さんの胸にはきっとたくさんの想いがあると思います。その想いを大切に、素敵な4年間を過ごしてください。そしてこのプログラムは皆さんの想いを支えてくれる、かけがえのない機会だと思います。ぜひ海外に挑戦する気概と少しの勇気を持って、フランスで最高の2年間を過ごしてきてください!

Paul Sorres

Paul Sorres

Paul Sorres

Nationality : French

Paul Sorres

Name : Paul Sorres

Nationality : French

An experience abroad : Japan was my first experience abroad

High school : Lycée Pierre Poivre, Ile de la Réunion

1. 慶應-パリ政治学院ダブルディグリープログラムを選んだ理由は?

I joined the Double Degree Programme after my first year at Sciences Po. When I arrived there, I discovered that economics was by far my favourite subject and I thought that by joining the dual degree I could combine both my interest in economics and my willingness to study abroad. At Keio, I specialised in microeconomics and behavioural economics and I was also able to take classes on Japanese culture.
Another great advantage of the Double Degree is that it allowed me to spend two years in Japan as opposed to only one year in a normal exchange programme. This gave me the chance to fully experience life in Japan and to discover some aspects of the culture that I was not aware of (like impromptu karaoke session at 2am).

2. プログラムに参加して一番よかったことは?

It’s hard to pinpoint one particular experience after these 4 incredible years but I would say that the most rewarding part is to look back in time and realise how much I have learnt since I joined this programme. Being in this Double Degree programme gave me the opportunity to learn on several levels. Academically speaking, I got to be educated by renowned teachers and to approach almost every aspects of social science while constantly being challenged by new ideas and theories. The fact that I was always surrounded by people from various backgrounds, thanks to the international aspect of this programme, also taught me a lot from a human perspective. Finally, living far from home and being completely independent in Tokyo definitely contributed to the development of my personality. Overall, it’s the sum of all those aspects that made my life so fulfilled the past 4 years.

3. 将来の計画や展望は?

I will be doing an internship for a French start-up in Paris as a Business Analyst after graduating and I then wish to pursue my studies either at Sciences Po or at a business school. I will also try to keep working on my Japanese and keep having new experiences abroad. Moreover, I wish to pursue my passion for music and have a band or start producing music more seriously but since life is unpredictable, who knows what might happen!

4. ダブルディグリープログラムに興味を持って下さったみなさんに一言

You will definitely learn a lot about yourself by enrolling in this Double Degree and meet wonderful people so don’t hesitate to try new things and go out of your comfort zone, I guarantee it will be a life changing experience.

3期

ジェネル・ヤンシャン・ラウ

ジェネル・ヤンシャン・ラウ

ジェネル・ヤンシャン・ラウ

Nationality : シンガポール

ジェネル・ヤンシャン・ラウ

Name : ジェネル・ヤンシャン・ラウ

Nationality : シンガポール

An experience abroad : フランス2年間・シアンスポ/ 北京-インターン/インド-インターン/日本1年半・慶應義塾大学

High school : 维多利亚初级学院(シンガポール)

1. 慶應-パリ政治学院ダブルディグリープログラムを選んだ理由は?

Upon high school completion, Sciences Po – Keio DD stood out most, as it was a rare opportunity for students to get acquainted to two disparate experiences in the East and West. In addition, I could pursue learning two foreign languages. Having studied Japanese for 4 years in middle school under the Ministry of Education (MOE) Singapore (third language program), I reckoned this program a good chance for me to put my language skills into practical use. Academically, I was intrigued by the interdisciplinary courses offered by Sciences Po and I believed having a well-rounded fundamental knowledge in Social Sciences would elevate my understanding and studies in Economics as compared to being exposed to Economics alone. Besides, being exposed to unconventional cultures and systems, I acquire and provide more fresh perspectives and this will hopefully set me apart from the rest.

2. プログラムに参加して一番よかったことは?

The best thing that happened in course of 4 years was learning how to un-learn the things I have learnt in the past, and also giving up many presumptions the society has drilled into me back at home. Meeting and interacting with the diverse student population in Sciences Po made me realize the vast possibilities life offers and rendered me culture awareness. If not for taking the leap of faith 3 years ago, I wouldn’t have gathered that courage to head to China or India for my summer internships, both which I deem as the most fulfilling time in my life.

3. 将来の計画や展望は?

For the near future, I would like to continue working for Startups to learn more about ventures and technology, or give working for corporate a shot. In any case, I would like to explore my potentials and opportunities before I embark on my career marathon. My long-term goal is to apply my knowledge in Economics to help alleviate poverty in developing countries, to help specific groups of people. I am particularly interested in the field of Developmental Economics (開発経済学).

4. ダブルディグリープログラムに興味を持って下さったみなさんに一言

Nothing ventured, nothing gained. If you are wondering about how life will be like in an environment vastly different from your home and if you are a person who is always looking to get out of your comfort zone, then don’t hesitate to take the leap of faith! Life is too short for mundaneness. So grab your bags and set out now.

Pauline Bibaut

Pauline Bibaut

Pauline Bibaut

Nationality : French

Pauline Bibaut

Name : Pauline Bibaut

Nationality : French

An experience abroad : None before coming to Tokyo for the dual degree

High school : Lycée Georges de la Tour, Metz, France

1. 慶應-パリ政治学院ダブルディグリープログラムを選んだ理由は?

I was very much interested by Economics, notably Financial Regulation, after High School. Yet, I didn’t want to specialize too early as I liked all social sciences and was not too sure about what I would like to do after university. This is why the dual degree appeared to me as the perfect curriculum. It permitted me to study two years at Sciences Po and discover a variety of Humanities such as Law, which I developed a strong curiosity for. I was also able to study Sociology and History more in depth, while at the same time, confirming my interest for Economics. Then, at Keio University, I was able to specialize by taking many classes related to Economics. There, I had the chance to meet great teachers and attend valuable classes, such as the excellent course taught by Prof. Kaji in Open Macroeconomics. Overall, in four years, I was able to discover many topics, gain a theoretical background in Economics and understand what I aspire to personally and professionally.

2. プログラムに参加して一番よかったことは?

The most rewarding experience was to meet people from all over the world with so diverse backgrounds and aspirations, both in Sciences Po and Keio. It was also amazing to be a regular student in a Japanese university, as it it is, even today, a rare experience. This way, I was able to meet regular Japanese students and have a deeper cultural experience than if I had only been part of an exchange program for a very limited amount of time.

3. 将来の計画や展望は?

The dual degree permitted me to discover Law, which really pleased me, while gaining a solid theoretical background in Economics. It helped me to broaden my horizons while deciding in which area I wanted to specialize in. In the future, I have decided to work either in Financial regulation or Investment Banking or Financial and Banking Law. In order to make this possible, I plan to continue my education at Sciences Po.

4. ダブルディグリープログラムに興味を持って下さったみなさんに一言

This dual degree can be a real opportunity for you to meet people from all other the world, discover a variety of topics related to Social Sciences, while specializing in Economics and gaining professional skills. This program will give you many opportunities for the future, but I still advise you to understand why this particular curriculum appeals to you and what you could get from it. Some people, especially those planning to work directly after finishing their Bachelor’s Degree, might be disappointed by the lack of professionalization during the first two years. Besides, applicants thinking about pursuing a Master’s Degree should know why this Dual Degree will be useful to them for their future studies, as this program is demanding academically and financially.

Benjamin Cheong

Benjamin Cheong

Benjamin Cheong

Nationality : Singaporean

Benjamin Cheong

Name : Benjamin Cheong

Nationality : Singaporean

An experience abroad : China, France and Japan

High school : Victoria Junior College, Singapore / Xian Gaoxin High School International School Section, China /Maris Stella High School, Singapore

1. 慶應-パリ政治学院ダブルディグリープログラムを選んだ理由は?

I wanted to study abroad outside Singapore, as I was interested in broadening my perspectives. My time spent studying overseas during high school had already convinced me that I would like to pursue my university education outside Singapore.

At the same time, Sciences Po Paris is one of the best schools globally for Political Science and International Relations, and French scholars have contributed to these fields for centuries. In fact, French is the lingua franca of international diplomacy! In these aspects, France definitely didn’t disappoint. It was also my lifelong dream to read Les Miserables in French, while learning more about the many great philosophers of France.

I also realized that Economics is of extreme import in the international arena, and I personally am very much interested in the history of economic thought, particularly the work of John Maynard Keynes. Keio is one of the top universities in Japan in this field, and its longstanding strength in Economics was definitely a draw for me. The DDP gives you the opportunity to be exposed to Sociology, History, International Law and finally, my chosen major of Economics. The program indeed offers a unique exposure, and I am glad that I was able to benefit from this opportunity.


2. プログラムに参加して一番よかったことは?

The entire experience was rewarding! But I would say that of course, the best part was my fellow students in the DDP: the small size of the class and the fact that you’re spending approximately 4 years together with them across 2 countries and continents (and probably more, since we often travelled around Europe and even Africa) means that you would definitely build long-lasting relationships with them that will endure even after graduation.


3. 将来の計画や展望は?

I have received a job offer to join a foreign bank in Singapore as an analyst.


4. ダブルディグリープログラムに興味を持って下さったみなさんに一言

Approach the program with an open mind! None of us were disappointed, I am sure that you wouldn’t be either.
Carpe diem, et bonne continuation pour tes etudes!

藤木優作

藤木優作

藤木優作

Nationality : 日本

藤木優作

Name : 藤木優作

Nationality : 日本

An experience abroad : 2009年〜2013年:アメリカ合衆国 / 2014年〜2016年:フランス

High school : 慶應義塾ニューヨーク学院

1. 慶應-パリ政治学院ダブルディグリープログラムを選んだ理由は?

私がこのプログラムを選んだのは、私の目指すキャリアへの最短の道だと考えたからです。高校時代に出会った2人のロールモデルへの憧れから、将来は国境を超えて活躍するビジネスリーダーになりたいと考えており、そのためのステップとして最も魅力的だったこのプログラムを選びました。世界中から集まる優秀な学生たちと2年間切磋琢磨し慶應義塾大学とパリ政治学院の両校の卒業資格を得ることは私の目指すキャリアへの最適な選択肢だと考えました。

2. プログラムに参加して一番よかったことは?

このプログラムから数えられないほどの大切な思い出があるので、答えるのがとても難しい質問です。逆説的ながら、最も印象に残っているのは一番苦労した思い出です。多様な国籍のメンバーで構成されるロックバンド部の部長を務め、まとめることは簡単なことではありませんでした。しかし、メンバーのためにできる限り多くの機会を提供することで彼らの信頼とサポートを勝ち取ることができました。この経験から得た学びはビジネスプロフェッショナルとして多国籍チームで活躍するためにも活かせると確信しております。

3. 将来の計画や展望は?

2018年度4月より米系コンサルティングファームの東京オフィスにて勤務を開始致します。ビジネスパーソンとしての足腰を鍛えながら、旺盛な好奇心を生かしてこれまで自分が受けて来た支援を社会に還元する方法を模索して行きたいです。

4. ダブルディグリープログラムに興味を持って下さったみなさんに一言

一番大切なことは、綿密なリサーチと自分の情熱に基づいて自らで決断を下すことだと思います。もしこのプログラムが、皆様の夢や目標に近づくための第一歩になるのであれば自信を持って選考に望んでください。

Haruka Ito

Haruka Ito

Haruka Ito

Nationality : Japanese

Haruka Ito

Name : Haruka Ito

Nationality : Japanese

An experience abroad : Singapore (Age 3-5) / Thailand (Age 5-10)

High school : Keio Shonan Fujisawa Junior and Senior High School

1. 慶應-パリ政治学院ダブルディグリープログラムを選んだ理由は?

I decided to apply for the Double Degree Program between Keio and Sciences Po for the following three reasons:
1)I wanted to broaden perspective of the world and Japan’s relative standpoint in the international community. By studying social sciences (with a focus on Asia) in Sciences Po, I hoped to be able to observe Japan from an objective viewpoint. In addition, as I was interested in the concept of the ‘East Asian Community’, I was curious about how the system of the European Union functioned.
2) Since I had never lived in nor visited Europe, I wanted to experience living in an unfamiliar environment.
3) I wanted to interact with students of my age from diverse backgrounds. Because Sciences Po have students from over 30 nationalities, I was attracted to studying and spending two years in such diverse environment.

2. プログラムに参加して一番よかったことは?

The three most rewarding experiences were 1) making friends from all over the globe, 2) learning the cultural differences between Japan and France, and 3) getting to travel around Europe. In the two years in Le Havre, I was able to interact with and become friends with students from various backgrounds, and the friendship has become something that lasts a lifetime. To add, being able to travel to many countries within Europe was an exciting experience.

3. 将来の計画や展望は?

From next spring, I will be working as a diplomat at the Ministry of Foreign Affairs. In the future, I hope to become a specialist on economic diplomacy. I strongly believe that my experiences in Le Havre has helped shape my future vision, and will continue to guide me throughout my career.

4. ダブルディグリープログラムに興味を持って下さったみなさんに一言

The Double Degree Program offers you the chance for an invaluable experience. I am extremely grateful, honoured, and glad that I was able to be part of this program – it is definitely one of the best decisions I made in my life so far. For those who would like to study and live in a foreign environment, and bond with students from diverse backgrounds, I highly recommend this program!

三木田明梨

三木田明梨

三木田明梨

Nationality : 日本

三木田明梨

Name : 三木田明梨

Nationality : 日本

An experience abroad : 2006-2011 シンガポール

High school : 慶應義塾女子高等学校

1. 慶應-パリ政治学院ダブルディグリープログラムを選んだ理由は?

2年という比較的長期間フランスの超一流大学で学ぶことができ、計4年間で2つの学位を取得できるという効率性の高さ。

2. プログラムに参加して一番よかったことは?

世界の優秀な学生やフランスという土地から、政治や文化に関して多くの刺激を受けたこと。

3. 将来の計画や展望は?

未定です。何が起こるかわからない人生をその時々で存分に楽しみながら生きていきたいです。

4. ダブルディグリープログラムに興味を持って下さったみなさんに一言

学業も生活も苦労することばかりで、正直なところ大変でした。しかし、授業からも暮らしからも学び取るものが多く、全てを経て世界の見え方が変わったと感じます。終えてみてこの貴重な経験に感謝こそすれ、後悔はしません。少しでも迷うなら挑戦してみてください。

2期

安藤 怜奈

安藤 怜奈

安藤 怜奈

Nationality : 日本

安藤 怜奈

Name : 安藤 怜奈

Nationality : 日本

An experience abroad : オーストラリア・シドニー - 9年間

High school : 慶應義塾湘南藤沢中・高等部

1. 慶應−パリ政治学院ダブルディグリープログラムを選んだ理由は?

私は外部の視点から見た日本について学びたく、このプログラムを選びました。
私は将来、日本を代表しつつ他の国の考えや文化を尊重できる真のグローバル人材になりたいと思っています。私はオーストラリアと日本で高校までを過ごすことによって、日本の文化を学ぶだけでなく、異なった文化背景を持つ価値観が異なる人々に会うことができました。そして、大学では今までできなかった、実際に日本を代表し、海外の大学に出て海外から見る日本のことを学びたいと思い、このプログラムに参加することを決めました。


2. プログラムに参加して一番よかったことは?

たくさんの背景を持つ世界中の人々と出会え、その人々と家族のような仲になれたことです。パリ政治学院には、あらゆる方法で自分の国の代表になりたいと思っているエリートが世界中からたくさん集まっています。このプログラムに参加していなかったらこの人達と出会い、色々な考えを聞くことはできませんでした。また、ル・アーブル出身がほとんどいなかったため、最初は生活が落ち着くのに全員困難を経験しました。しかし、全員一緒に困難を乗り越えることによって、より深い関係を築くことができ、一生の友達を世界中に作ることができました。


3. 将来の計画や展望は?

私は日本を代表し、ビジネスにおいての日本の魅力を世界に伝えたいと思います。真のグローバル人材になるという将来の夢を叶えるために、数年社会人としての経験を積んだ後、今まで住んだことない国で修士を取得したいと思っています。


4. ダブルディグリープログラムに興味を持って下さったみなさんに一言

私はこのプログラムに参加できて、心から嬉しかったと思っています。このプログラムを経て、学業面でたくさん学べただけではなく、人間として大きく成長できたと思います。留学はいいことばかりではなく、言語が通じない国での暮らしの困難を乗り越える必要があり、また、学業と遊びのバランスを取る能力も必要です。このプログラムは新しい体験をする度胸があり、一生忘れない貴重な経験を得たいという方々にお勧めます!


新井 雄太

新井 雄太

新井 雄太

Nationality : 日本

新井 雄太

Name : 新井 雄太

Nationality : 日本

An experience abroad : アメリカ(13年)

High school : 慶應義塾ニューヨーク学院高等部

1. 慶應−パリ政治学院ダブルディグリープログラムを選んだ理由は?

日本の大学だけでなく、海外の大学でも勉強してみたい!というのが応募したきっかけです。1年間の交換留学では物足りない、短いというのを先輩や友達から聞いていたので、2年間で両校の学位を取得できる当プログラムはとても魅力的に感じました。また、アメリカに13年近く住んでいて、中学生の頃フランス語を少し勉強していたので、フランスで学び、フランス語をさらに磨きたいとも思っていました。パリ政治学院は世界中からたくさんの学生が集まる学校であった為、アメリカで得た経験とはまた違ったことを体験できると考え、応募しました。


2. プログラムに参加して一番よかったことは?

フランス語やプレゼンテーションのスキルはもちろん、色々な国の人たちと友達になれたことは自分にとっての一番の財産です。小さい学校なので、すぐに友達になることができましたし、授業や勉強だけでなく、クラブ活動、学校のイベントなどで共に過ごした時間は今でも忘れられない思い出です。今でも交流は続いていて、慶應に来た学生だけでなく、アジアに留学している友達と日本で会ったり、私が海外に旅行に行った際、会ったりしています。


3. 将来の計画や展望は?

来春から総合商社で勤務します。フランスに行ったからこそ、グローバルな環境で働きたいと思い、就職活動をしていました。その点、総合商社は、海外駐在はもちろん、研修やトレイニー制度もグローバルに行っており、自分にとってぴったりだと思いました。海外で通用するビジネスマンになり、いつかパリ政治学院で出会った仲間たちとビジネスができるようになりたい、と思っています。


4. ダブルディグリープログラムに興味を持って下さったみなさんに一言

大学入学当初は、1年の春学期が終わってすぐにフランスに行くことに少しだけ抵抗を感じていました。でも、行ったら行ったで本当に楽しく、今ではフランスに戻りたい!と思うことも多々あります。特に私と同じように、一つの国にずっと長いこと滞在していた人にはおすすめで、他国での学生生活を体験するだけでなく、世界中の人々、文化などを2年間という短い時間で経験することができます。フランスに行ったことは一回も後悔していません!!


ショーモン・マリアン

ショーモン・マリアン

ショーモン・マリアン

Nationality : フランス

ショーモン・マリアン

Name : ショーモン・マリアン

Nationality : フランス

An experience abroad : ドイツで3ヶ月

High school : ノートルダム・セイントシジスベール高校 (ナンシー、フランス)

1. 慶應−パリ政治学院ダブルディグリープログラムを選んだ理由は?

高校生の時からパリ政治学院に入ろうと思って、この大学の色々なプログラムを調べたところ慶應とのダブルディグリープログラムを見つけました。
小さい頃から日本の文化と日本史に興味があっても、大学に入るまで日本に行く機会がありませんでした。なので二年間ほど東京の有名な大学に通えるのは貴重なチャンスだと思いました。
それに、慶應とパリ政治学院から同時に卒業できるのは本当の利点だと思いました。なぜなら、多国籍企業で働くつもりで国際経験が多ければ多いほどいいと思ったからです。


2. プログラムに参加して一番よかったことは?

プログラムに参加してから最も良かった経験は、世界各国出身の友達と仲良くなれることでした。そのように毎日他の大学生と世界の問題について討論出来るのは特別な経験です。そのような機会は本当に珍しいし、非常に教育的なので間違いなく私の考え方に影響しました。


3. 将来の計画や展望は?

慶應を卒業したら大学院に進学したいです。そして経営を勉強するつもりです。どこの大学かはまだ決めていませんが、最近はCEMSと言うプログラムに興味があります。なぜなら、国際的で環境問題に関しての経営プログラムであるからです。


4. ダブルディグリープログラムに興味を持って下さったみなさんに一言

DDプログラムに興味を持って下さった皆さん、まずはありがとうございます。このプログラムに入ってがっかりすることは絶対にないと約束します。入ったらもちろん勉強しなければならなくて難しいこともあると思いますが、最高の経験になりますので自信を持って全力で頑張ってください!


グレゴワー・ダオ

グレゴワー・ダオ

グレゴワー・ダオ

Nationality : French

グレゴワー・ダオ

Name : グレゴワー・ダオ

Nationality : French

An experience abroad : Lived for 13 years in Dubai

High school : Lycée Français International Georges Pompidou de Dubai, UAE

1. 慶應−パリ政治学院ダブルディグリープログラムを選んだ理由は?

まず、経済は面白いと思っていますので慶應—パリ政治学院ダブルデイグリープログラムに申し込みました。実際に高校生の時に経済を勉強して興味をもちました。しかし、日本の事も勉強したかったです。二年間ぐらい日本にいる時期が楽しそうでした。それなので、ダブルデイグリープログラムはとても良い機会です。


2. プログラムに参加して一番よかったことは?

私の意見では最も良かったことは研究会に参加することです。この授業はシアンスポとは違いますが知り合いが良い方でした!


3. 将来の計画や展望は?

今の所、プロフェショナルな知識を学ぶためにビジネススクールに入りたいです。未来にきちんと何かしたいかまだ知りませんけど海外に住んで働きたいと知っています。


4. ダブルディグリープログラムに興味を持って下さったみなさんに一言

アドバイスは経済の事に興味がなければダブルデイグリープログラムに申し込まない方がいいです。経済のじゅぎょうがたくさんあります!もしくは頑張ってください!


小畠 一真

小畠 一真

小畠 一真

Nationality : 日本

小畠 一真

Name : 小畠 一真

Nationality : 日本

An experience abroad : アメリカ在住8年 Scots College(ニュージーランド)、St. Paul’s School(アメリカ)、Cambridge University Downing College(イギリス)に短期留学

High school : 桐蔭学園中等教育学校

1. 慶應−パリ政治学院ダブルディグリープログラムを選んだ理由は?

私は高校時代の模擬国連部の活動を通じて国際情勢への関心が高まり、将来は外交に携わりたいという思いが強くなりました。
そこで慶應-パリ政治学院ダブルディグリープログラムに参加し、様々な国の学生たちと交わりを深めお互いに切磋琢磨しながら学ぶ環境に身を置いて、外交官としての素養を身につけたいと考えました。


2. プログラムに参加して一番よかったことは?

慶應義塾とパリ政治学院両校の学位が同時に取得でき、日本・フランスそれぞれの教育の違いを経験できたことが最大の魅力でした。特にパリ政治学院でフランス特有の論文スタイルを学んだことはとても大きな収穫です。自身の考えとは相反する立場からも論ずることが求められたので、より広い視野を持つことと柔軟な思考を心がけるようになりました。また、30カ国以上の国・地域から集う学生とのディスカッションやプレゼンテーションを通じて、異なる価値観や考え方をもつ人々と深く交わることができたことも貴重な財産になりました。


3. 将来の計画や展望は?

来春から外務省に入省します。担当言語がフランス語になったため、東京での勤務の後、フランスでの希望する留学先で2年間を過ごしてから在外公館勤務予定です。 日本の国益と世界の公益を結びつけられる外交官になりたいと考えています。


4. ダブルディグリープログラムに興味を持って下さったみなさんに一言

留学のプログラムはいろいろありますが、2年間にわたりフランスでじっくり学ぶことが出来る機会はこのダブルディグリープログラムを措いて他にないと思います。
せっかくのチャンスを活かして、自分の可能性を広げてみてはいかがでしょうか?


Lucie Nzonza

Lucie Nzonza

Lucie Nzonza

Nationality : French

Lucie Nzonza

Name : Lucie Nzonza

Nationality : French

An experience abroad :

High school : Lycée Léonce Vieljeux, La Rochelle (17)

1. 慶應−パリ政治学院ダブルディグリープログラムを選んだ理由は?

経済学に興味があって、日本に留学したかったから、このダブルディグリープログラムをえらんだ。


2. プログラムに参加して一番よかったことは?

私の小さい村からこんな遠い旅ができるのはうれしいです。それにこのプログラムを通じLe Havreでも慶応大学でも色々な科目や課題を触れられることはやりがいがあると思います。


3. 将来の計画や展望は?

卒業のあと、帰国する。またパリ政治学院で修士を得る希望がある。将来は、自分の道を見つけた上で、社会人として他人にも思いやりがあっていいことをしたい。


4. ダブルディグリープログラムに興味を持って下さったみなさんに一言

今までの重ねてきた体験と将来の経験とのバランスを大事にしてね。


麗奈 ペリエ

麗奈 ペリエ

麗奈 ペリエ

Nationality : French

麗奈 ペリエ

Name : 麗奈 ペリエ

Nationality : French

An experience abroad : Romania, Turkey

High school : Lycée Pierre Loti, Istanbul, Keio

1. 慶應−パリ政治学院ダブルディグリープログラムを選んだ理由は?

ずっと前から日本に強い興味があったので東京の大学になれば本当に面白いと思いました。文化の差を自分で見たかったです。高校にも経済を勉強していたので、大学でも経済を勉強するのが当然な選択でした。。
その訳で慶応とSCIENCESPOのプログラムに入りました。


2. プログラムに参加して一番よかったことは?

このプロクラムのおかげで、フランスと日本で素晴らしい人と友達になってきました。年取っても、味を占めるに違いないです。
他の良かったことは全く違う町に住んでいることができたということです。もちろんルーハブルに比べて東京は全然違う町です。そんなに、ルーハブルと東京がどちら一番すきなのかというと 選ぶことはむりでしょう!
両方にも、いいことたくさんありますから。


3. 将来の計画や展望は?

将来なら、もっと旅行したいです。新しい文化を分かるようになることなど、外国語を学ぶことが目的です。海外で仕事を見つけたら、本当に幸せになるかもしりませんけどそのままヨーロッパにマスターを取れるように帰る予定です。だけど必ず、いつか日本にもどりますね!


4. ダブルディグリープログラムに興味を持って下さったみなさんに一言

確かに、勉強することはもちろん大切なことですけど大学の時に一番大切なことは自分で新しいことをやってみることです。 特別な友情を始めとします。 4年間がありますからゆっくりとプログラムをぜひ楽しんでね!


孫 広臻

孫 広臻

孫 広臻

Nationality : 中国

孫 広臻

Name : 孫 広臻

Nationality : 中国

An experience abroad : フランスに2年、日本に1年、中国に18年

High school : 南京師範大学付属高等学校

1. 慶應−パリ政治学院ダブルディグリープログラムを選んだ理由は?

慶應−パリ政治学院ダブルディグリープログラムは、日本とフランス、両国での豊富な文化体験や社会科学を中心とする学業生活を通じて、私のインタナショナルキャリアのための懸け橋になると考え、このダブルディグリープログラムを選びました。


2. プログラムに参加して一番よかったことは?

このプログラムにおける留学生活の中で、私は色々なバックグラウンドを持つ人々の考え方や常識の違いを深く感じることができました。こうして多文化の環境を対応すると伴い、異なる視点から物事を分析や理解する能力を得られました。


3. 将来の計画や展望は?

今まで積み重ねてきた国際経験を生かしながら、経済学研究科での勉強を通じて、自分の世界情勢に対する理解や分析をより一層深め、さらに自分自身を成長させようとするつもりです。


4. ダブルディグリープログラムに興味を持って下さったみなさんに一言

このプログラムに参加して国際舞台で自分の限界に挑もう


Kilala Takada

Kilala Takada

Kilala Takada

Nationality : Japanese

Kilala Takada

Name : Kilala Takada

Nationality : Japanese

An experience abroad : Four years in California

High school : Keio Shonan Fujisawa High School

1. 慶應−パリ政治学院ダブルディグリープログラムを選んだ理由は?

The Keio-Sciences Po Double Degree Programme offers a unique blend of academic and social experiences. I was intrigued by the prospect of two years in Le Havre, a change in environment from the six years I had previously spent in Keio Shonan, as well as the Asia-intensive background in social sciences that would give perspective to the education in economics I would receive in Keio.


2. プログラムに参加して一番よかったことは?

The four years I spent in Keio and Sciences Po Le Havre were an exhilarating ride, packed with lectures by world-class professionals and social events, stimulating debates in seminars and holidays with friends from around the globe. It’s hard to pin down one experience that was especially rewarding, but I can say every one of the interactions I had will stay with me for the years to come.


3. 将来の計画や展望は?

While I’ll start working at an investment bank in Tokyo next April, I’m open to any opportunities that will utilise my abilities and send me back to France.


4. ダブルディグリープログラムに興味を持って下さったみなさんに一言

Involvement in the many aspects of French society will stay with you longer than any of the lectures and seminars will. I hope you’ll find the Keio-Sciences Po Double Degree programme to be not only an academically challenging endeavour, but also a chance to immerse yourself in a diverse and rich environment.

宇田川 郁未

宇田川 郁未

宇田川 郁未

Nationality : 日本

宇田川 郁未

Name : 宇田川 郁未

Nationality : 日本

An experience abroad : アメリカ5年

High school : Keio Shonan Fujisawa Senior High School

1. 慶應−パリ政治学院ダブルディグリープログラムを選んだ理由は?

自分の視野を広げる上で最適な環境が整っていると思ったからです。私は小学校の頃に5年間アメリカに住んでいたものの、中高の間はサッカー部の活動に没頭するあまり、6年間で一度も海外に行く機会がありませんでした。そのため、大学では絶対に留学をしたいと思っていました。その中でも、言葉や文化など全てが未知であるフランス、さらに世界中から自分より優秀な学生が集まるパリ政治学院で挑戦したいと思い、応募しました。


2. プログラムに参加して一番よかったことは?

どんな環境でも楽しめる精神が身に付いたことです。3時間の地獄の論文試験、超ハイレベルなディベート、何も理解できないフランス語のレクチャー、ド派手なナイトライフ、ケバブ屋しか営業しない日曜日、便座のない寮のトイレ、など様々な文化の違いに初めは戸惑うことばかりでした。大変なことも中にはありましたが、他の留学生と助け合いながらこうした困難を乗り越えた経験は、今の私にとって大きな財産となっています。


3. 将来の計画や展望は?

卒業後は日本の大手広告代理店で働く予定です。パリ政治学院で様々な国の学生と交流したことによって、自分が日本人であるという自覚と誇りを強く持つようになり、日本の素晴らしい文化や製品を世界中に広めていきたいと考えるようになりました。そのためにはグローバルなネットワークを持つ広告代理店に入ることでベストな選択だと思い、決断しました。具体的なキャリアプランはまだありませんが、留学での経験を生かすためにも、いずれは海外で働きたいと考えています。


4. ダブルディグリープログラムに興味を持って下さったみなさんに一言

文化や価値観の違いを面白いと思える人や、新しい環境でチャレンジしたい人にとっては、パリ政治学院は素晴らしい大学だと思います。中高時代は馬鹿キャラだった私ですら努力したら行くことができたので、少しでも興味があればぜひチャレンジしてみてください!

Priscilla Ying Yin Lai

Priscilla Ying Yin Lai

Priscilla Ying Yin Lai

Nationality : Chinese

Priscilla Ying Yin Lai

Name : Priscilla Ying Yin Lai

Nationality : Chinese

An experience abroad : Abroad since 2010, studied in India, Spain, France and Japan

High school : United World College Mahindra College

1. 慶應−パリ政治学院ダブルディグリープログラムを選んだ理由は?

The cultural and academic diversity are the reasons why I chose to join the programme. With the programme, I was able to study in both Europe and Asia during my university years. This is a very unique experience as most universities provide students to go study abroad for one or two semesters. However, I went to both Sciences Po and Keio University as a full-time student, which gives me many options when I was choosing classes. Sciences Po and Keio University are structured in a very different way in their bachelor degree. Starting the programme at Sciences Po allows me to have a broader knowledge of Social Sciences whereas finishing my degree at Keio Unviersity provides me classes that I could focus on Economics, which is something I enjoy.


2. プログラムに参加して一番よかったことは?

The most rewarding experience is definitely the time I got to spend with my classmates I met at both universities. With such an international student body at Sciences Po, I got to learn from my classmates outside and inside classes during our discussions. Le Havre might not be the most exciting place in France, but with the people I have met at school, there has not been a moment that I regretted joining the programme.


3. 将来の計画や展望は?

I am planning to stay in Japan to work in the near future. Studying at Keio University has provided me many working opportunities in Japan which might not have been possible if I haven’t been here for the past year. I would like to explore my potentials in Japan for the next few years.


4. ダブルディグリープログラムに興味を持って下さったみなさんに一言

My message is that enjoy every moment you have both in France and Japan. Time passes very fast once you start school. There might be hard times but keep in mind that you are not alone. Most importantly, there are always people who are willing to help out! So try to treasure all the experiences and opportunities you have both in France and Japan.

ユスリ・マリケンザ

ユスリ・マリケンザ

ユスリ・マリケンザ

Nationality : フランス

ユスリ・マリケンザ

Name : ユスリ・マリケンザ

Nationality : フランス

An experience abroad : ニューロシェル, NY (アメリカ) 6年

High school : ニューヨーク仏米学園 (ママロネック, NY)

1. 慶應−パリ政治学院ダブルディグリープログラムを選んだ理由は?

フランスとアメリカに住んでいた上で、他の地方を発見したいと思いました。まだ行かなかったアジアに、新しく、面白い経験ができそうだと感じました。そのために、学生の皆が三年生としてアジアに留学するパリ政治大学院のヨーロッパアジアプログラムにしました。ダブルディグリーに参加した理由は、留学生の経験に限らず、慶應での学生生活を経験したり、もっと長く日本にいたり、慶應義塾大学卒業証書をもらえたりするためです。


2. プログラムに参加して一番よかったことは?

ダブルディグリープログラムで、面白く、熱心さを持つ人と会えたのが一番よかったことです。
ル・アーブルで色々な国の方と会って、世界のこと、特にアジアのことを沢山教えてもらいました。キャンパスの家族みたい居心地の雰囲気のおかげで、他の学生に応援されて、部活や自分のプロジェクトに対して頑張ることができました。
慶應義塾大学の研究ゼミに参加できて本当にありがたいです。一方は経済系論文を読んだり書いたり色々習えることになりました。もう一方は、ゼミの活動のおかげで、慶應生と色々な経験、ちなみにスポーツ大会とか三田祭の屋台などができてよかったです。


3. 将来の計画や展望は?

開発経済と環境経済に興味を持ちました。将来的に、その二つには大きい問題がきっと起きます。将来、こういう問題に対して、NGOや国際機関で働きたいと思います。


4. ダブルディグリープログラムに興味を持って下さったみなさんに一言

ダブルディグリーの参加者は珍しく、ユニークな経験ができると思います。それに応じて考えさせられたり、成長したり、世界に対して視点が変わったりするはずです。私はダブルディグリーを卒業するうちに、一生忘れない記憶や面白かった経験や生涯の友人を作られたことに感謝します。プログラムに参加したい人に言いたいことは、ダブルディグリーの経験や機会を積極的に活用してほしいということ。それに、ぜひ楽しんでください!


1期

バルデ・アリス

バルデ・アリス

バルデ・アリス

Nationality : フランス

バルデ・アリス

Name : バルデ・アリス

Nationality : フランス

An experience abroad : 日本で留学、1年

High school : レ・カウズ、トゥールーズ、神奈川県立横浜国際等高校

1. 慶應−パリ政治学院ダブルディグリープログラムを選んだ理由


I wanted to go to Sciences Po since my first year of highschool. After living in Japan during highschool for one year, my focus was on the Le Havre campus which offered me the opportunity to continue Japanese language and Asian Studies. When I discovered a double degree with Keio University existed in economics, I decided to apply because of the reputation of Keio, the possibility of staying in Japan for an extended period of time, and primarily because at that time I wanted to also focus my studies on economics in addition to the Sciences Po curriculum.


2. 慶應−パリ政治学院ダブルディグリープログラムに参加して一番よかったこと


Compared to Science-Po students doing only one year abroad, the double-degree enabled us to live for a prolonged period of time in both Le Havre and Japan. In Keio we had the possibility to choose from a wide array of class and really personnalize our study plan. I liked being able to take an additionnal year for my studies, and live in Tokyo and Yokohama for longer. Moreover the six months between the end of Keio and the beginning of the master are not lost at all, I think it's great to be able to do an internship before my master degree, and have time to prepare application. Also, all of the double-degree students became quite close over those four years.


3. 卒業後/将来の計画


After taking courses in Keio on environmental economics and environmental policies, I decided I wanted to continue my studies in the areas of development and environmental studies. My end of the year thesis focused on the challenges and structural problems of the global food system. Thus I especially want to work in the field of agriculture; developing and designing policies or management technics to enhance sustainability, to reduce the ecological impact of farming technics, or to reduce rural poverty. In order to do so, I have been looking at masters in Europe about sustainable agriculture, for example in AgroParis.


ドウヴォー・マルタン

ドウヴォー・マルタン

ドウヴォー・マルタン

Nationality : フランス

ドウヴォー・マルタン

Name : ドウヴォー・マルタン

Nationality : フランス

An experience abroad : なし

High school : アンリ4世高等学校


1. 慶應−パリ政治学院ダブルディグリープログラムを選んだ理由


I have been willing to work in the field of policymaking since high school. For this reason, Sciences Po Paris was only a natural choice for the French student that I am. However, I wanted to acquire a stronger understanding of economics than what the traditional Sciences Po curriculum offered. The Keio-Sciences Po Double BA programme was a perfect opportunity to receive a solid economic education. Besides, staying only a year in Japan, as most exchange students do, did not seem enough to learn satisfying Japanese. Choosing the Double BA programme was thus a solution to complete my undergraduate education with the economics and language skills that I needed.


2. 慶應−パリ政治学院ダブルディグリープログラムに参加して一番よかったこと


In Sciences Po, I was truly amazed to meet for the first time in my life students from so many different countries and backgrounds. This made all the classes, debates, and meetings among students all the more interesting. The combination of economics classes in Keio and other social sciences in Sciences Po has been very rewarding and will be very useful for my future studies. However, what I will remember as the most enriching experiences in my undergraduate education are the projects and initiatives that I could take part in, being a student of Sciences Po, such as the organization of a 1,200 student sport competition.


3. 卒業後/将来の計画


After graduating from the Double BA programme, I will first spend six months as an intern at the French Ministry of Defense. Afterwards, I will join the Master in Public Policy of the Sciences Po School of Public Affairs, after which I intend to take the French national public service exams. In the long-term, I would like to work in the field of national policymaking or international cooperation. In any case, the knowledge I have acquired in Sciences Po and Keio, as well as the perspective that such an international environment has offered me, will reveal infinitely valuable in my future career.

Andreas Elledge

Andreas Elledge

Andreas Elledge

Nationality : French/American

Andreas Elledge

Name : Andreas Elledge

Nationality : French/American

An experience abroad : Japan 10 years/China 2 years

High school : Lycée Français International de Tokyo/Lycée Français de Shanghai


1. 慶應−パリ政治学院ダブルディグリープログラムを選んだ理由


From the very beginning I always wanted to study in Sciences Po. But after 10 years in Tokyo, I considered Japan as my second home. The Keio-Sciences Po Double BA program was perfect for me: study in Sciences Po, live in Tokyo, and on top of that learn from one of the most prestigious university of Japan.


More than the courses offered by the program and my deep interest in economics, I really saw the Keio-Sciences Po Double BA as a way to return to Japan. Indeed, after the March 11 Earthquake, I moved hastily to China but felt like I could still learn much more from Japan. This program made it possible for me to come back to Japan while having the best of education.


2. 慶應−パリ政治学院ダブルディグリープログラムに参加して一番よかったこと


The Keio-Sciences Po Double BA program made me discover new traits of my personality. Of course, the courses enable you to understand more about the world and have a good knowledge in economics, but I would say that the year and a half in Tokyo teaches you a lot about who you really are. By being away from your family, deep bounds are created between you and your classmates; friendships that will surprise you at first but in the end are strong. It is not about what particular part or course of the Double BA program was the most rewarding for me, but about how all the students made the program an amazing experience.


3. 卒業後/将来の計画


My next step is Sciences Po Paris. I will attend the masters in finance. I hope to work in a private equity firm when I graduate. But who knows, after living in Japan for many years, I can picture myself pretty well working for the French Embassy in Tokyo or becoming the best sushi chef in town.
In a few words, I can assure you that the Keio-Sciences Po Double BA program will change you for the rest of your lives.

Kihm Anna

Kihm Anna

Kihm Anna

Nationality : German, French

Kihm Anna

Name : Kihm Anna

Nationality : German, French

An experience abroad : Hong Kong 5 years, Japan 1 year

High school : Dante Gymnasium (Munich)


1. 慶應−パリ政治学院ダブルディグリープログラムを選んだ理由


I spent five years in Hong Kong when I was small and developed a fascination for the region that has been growing since. Upon high school graduation, I wanted to study economics as well as deepen my knowledge about Asia (politics, societies, economies, and languages). The double-degree program offered exactly what I wanted. I very much welcomed the opportunity to return to Japan, a country I’ve done a high-school gap-year to before, in order to immerse myself even more profoundly in the language and culture. Furthermore, although I’m half French, I have never lived in France dur-ing my childhood. Going to Le Havre for SciencesPo was a way of reconnecting with my other half.


2. 慶應−パリ政治学院ダブルディグリープログラムに参加して一番よかったこと


Aside from the widened educational experience, the relationships I developed in these 3.5 years are what I treasure most. The relatively small campus in Le Havre enables students to quickly get to know each other and build friendships through common classes club activities. Similarly, I joined a research seminar at Keio where I made Jap-anese friends. They helped me see student life in Japan through their eyes (for exam-ple by talking about job hunting) and taught be many other things as well. In the end, not only was I able to make friends with students at both SciencesPo and Keio, but I believe that our inner circle of dual-degree students also grew together very tightly and we built ties that will last for a lifetime.


3. 卒業後/将来の計画


I will pursue a graduate degree in an economics related field such as finance, invest-ment or banking. After that, I hope to find a job that will allow me to exploit my edu-cation and my foreign experience. In any case, I am sure that I will come back to Asia, and especially Japan, for travel, but I would gladly seize any good job opportunity that would bring me back. For the moment, the biggest challenge will be to keep up my language skills.

Marius Harnischfeger

Marius Harnischfeger

Marius Harnischfeger

Nationality : German

Marius Harnischfeger

Name : Marius Harnischfeger

Nationality : German

An experience abroad : 7 years in the U.S.A. / high school year abroad in Nagoya, Japan living with a Japanese host family

High school : Walt Whitman High School (Bethesda, U.S.A.)


1. 慶應−パリ政治学院ダブルディグリープログラムを選んだ理由


I chose the Keio-Sciences Po Double B.A. programme because it offered me the unique opportunity to study economics in an interdisciplinary social science context at two different universities in Europe and Asia. Both institutions are highly regarded in their respective countries and around the world.

I grew up as a German in the U.S., where I began learning French and Japanese. Because I wanted to learn about the deep complexities of the Japanese language and culture, I decided to spend a high school year abroad living with a host family in Japan. This program has given me the opportunity to strengthen my language skills in Japanese and French both inside and outside of the classroom: I applied what I learned in the language classes by engaging myself in the student government along with other extracurricular activities. Both the people I meet on a daily basis and the employers I have contacted have been intrigued by my studies—an attest to both the uniqueness of this degree program and the reputation of both institutions.


2. 慶應−パリ政治学院ダブルディグリープログラムに参加して一番よかったこと


While it is difficult to pinpoint one experience as the “most rewarding”, engaging myself in the “Mini-Crit 2014” has been hard work, challenging, and incredibly satisfying. The “Mini-Crit” is an athletic and artistic competition that unites 1,000 students of 120 nationalities from all seven Sciences Po campuses. In 2014, we, the Sciences Po Europe–Asia Campus, hosted this competition for the first time. I worked with a team of four students to develop and implement a financial strategy for this event. It was an unbelievable feeling when I saw all the participants in the 25,000-seat football stadium, which served as housing, performing arts infrastructure, and a sports field: I could see the culmination of the early mornings and long nights I had dedicated to this project.

At Keio, it is thanks to the students, administrators, and professors that I felt warmly welcomed to the university community. I particularly appreciated the deep relationship I was able to form with my fellow research seminar students and professor. Outside of academics, I was touched by how the students in my volleyball circle accepted me as one of their own: I was the tallest, but the worst player on the team!

ポー・ミシェル

ポー・ミシェル

ポー・ミシェル

Nationality : シンガポール

ポー・ミシェル

Name : ポー・ミシェル

Nationality : シンガポール

An experience abroad :

High school : Hwa Chong Institution (シンガポール)


1. 慶應−パリ政治学院ダブルディグリープログラムを選んだ理由


フランスと日本について学び、歴史ある両校の学士課程を追求する珍しい機会だと思い、このプログラムに応募しました。フランスと日本には以前から興味を持っていましたが、どちらも間近で経験する機会がなかったため、このプログラムは私にとって魅力的でした。また、大学でユニークな環境に身を置きたいと考えていた私は、経済学を学びながらフランス語と日本語を習得できるこのプログラムは自分に合っていると感じました。


2. 慶應−パリ政治学院ダブルディグリープログラムに参加して一番よかったこと


このダブルディグリープログラムならではのメリットは、2つの学位を授与できるだけでなく、シアンスポで社会学について幅広く学んだ後に、慶應で経済学をより深いレベルで学ぶことができることです。私は元々様々な分野に関心を持っていたため、多様な授業を選択できたことも理想的でした。さらに、このプログラムを通じてフランスと日本の教育の手法と考え方を肌で感じることが出来たことも非常にユニークで良い経験となりました。


3. 卒業後/将来の計画


大学で得た知識をさらに深めるために、イギリスかアメリカの大学院に進学して経済学又は経営学を学ぶ予定です。大学院に進学してもフランス語と日本語の勉強は継続したいと思っています。また、シンガポール政府の奨学生として、大学院修了後はシンガポールの政府機関で働くことが決まっています。このプログラムで得た経験は社会人になっても大きな糧になると信じています。

高谷 圭祐

高谷 圭祐

高谷 圭祐

Nationality : 日本

高谷 圭祐

Name : 高谷 圭祐

Nationality : 日本

An experience abroad : フィリピン(6年)、米国(7年)

High school : 慶應義塾志木高等学校


1. 慶應−パリ政治学院ダブルディグリープログラムを選んだ理由


元々大学で交換留学を目指すつもりでしたが、正規の生徒として2年間パリ政治学院で学べる本プログラムはとても革新的に思えました。特にアジアとアメリカでの生活を経験していた私にはヨーロッパの中心的な国の一つであるフランスで新たな言語、文化、教育に触れられることは大変魅力的でした。留学費用は決して安くはありませんが、ルアーブルという立地、フランス政府から毎月もらえる給付金、そして奨学金を踏まえると、留学先として人気な他の国々に比べてだいぶ低い費用で充実した留学経験を得られることもあり、自分にはこのプログラムが最適な選択であると確信しました。


2. 慶應−パリ政治学院ダブルディグリープログラムに参加して一番よかったこと


今まで会ったことのないような人たちと交流できたことです。パリ政治学院ルアーブル校には文字通り世界中から様々なバックグラウンドを持った人たちが集まります。学年100名ほどの小さいキャンパスである最大のメリットは自分の世界を広げてくれる級友と卒業後も続く関係性を構築できることです。特に同じダブルディグリーの仲間たちとは、4年間様々な苦楽や思い出を共有し、異なる環境での互いの成長を観察できるため、生涯に渡って続く特別な絆が生まれたと思います。勉強内容や旅行をする機会等様々な魅力はありましたが、最大の財産となったのは人との繋がりでした。


3. 卒業後/将来の計画


卒業後、外資系の投資銀行の東京オフィスに勤める予定です。今思えば本プログラムでの経験が将来のビジョンに与えた影響は大きかったです。例えば、この職を選んだ理由の一つは世界で通用するスキルを学ぶためです。特に具体的なキャリアプランは現時点ではありませんが、いずれ一度は海外で働きたいです。入口は決めたものの、今後の選択肢は幅広く保ちたいと思っています。留学を通じて、自分の認識以上に世界は広く、近いということを感じたため、夢は大きく持とうと常に自分に言い聞かせています。いつかどこかで級友たちと仕事ができる日を楽しみにしています。

入交 太久

入交 太久

入交 太久

Nationality : 日本

入交 太久

Name : 入交 太久

Nationality : 日本

An experience abroad :

High school :

1. 慶應−パリ政治学院ダブルディグリープログラムを選んだ理由

高校生の時から、いずれは留学をしたいと考えていました。留学先を調べるうち、本プログラムと出会いました。本プログラムではまず二年間という長期に渡って、パリ政治学院で広範な社会科学の基礎を勉強します。その後慶應に戻り、経済学の専門的な内容を学ぶことができます。四年間を通して学校を変えながら、学ぶ範囲を徐々に狭く、深化させてゆく。私が本プログラムで最も惹かれた点は、単なる留学という枠を超え、大学教育の理想的な形が体現されているように思えたからです。


2. 卒業後/将来の計画

卒業後は経済学への知見をさらに深めるため、国内の大学院へ進学する予定です。将来は国際的に活躍する研究者になれるよう、勉強・研究をしていきたいです。留学で培った国際感覚は、研究をするうえでも大きなアドバンテージだと思っています。社会をより良くする研究ができるように頑張っていきます。

To Page Top